DIY費用公開と帳簿価格

こんにちは

素人大家です。

夏季休暇にDIYを実施いたしました。

きっと費用の削減ができ、そして利回りがUPすると思いながら・・・

osomatu先輩に詳細をと言われて、レシートなどをまとめてみました。

電気工事(ブレーカ設置) 45000

畳の表替え        29000

雨漏り修理・木部塗装   500000

ユニットバス(解体設置) 450000

クロス張替(人工)    30000

給湯器          40000

クロス材料        28000

クッションフロア     22000

洗面台・ペンキ・ベニヤ

根太・襖・障子等     130000 

合計  約130万円

こんな感じです。

まとめてみて思ったのですが、かなりかかっています。

また、これは帳簿上で建物代に乗せることができると思われます。

帳簿上の建物代・土地代を購入価格の480万円で按分させないとですね・・・

都合よく按分できるよう、土地建物合計480万円に契約書を訂正していただきました。何も言わなければ、土地480万・建物0でした・・・

以下の計算は諸費用込み530で計算させていただきます。

固定資産税評価額から考える

土地   731035

建物   1207024

となっています。

そうしますと

簿価では

土地   2000000

建物   3300000

となり、今回リフォームした130万円を建物に乗せますと

460万円が帳簿価格になるような気がします。

あまりにも、実際とかけはなれているような・・・

土地代が安すぎる・・・

土地を路線価で出してみると

平米 47000

約107平米とため、土地値が500万円

建物が30万円になり、リフォーム費用の130万を足すと

土地500万

建物160万

となります。

路線価で土地値を出した方がしっくりくるような気がしますね。

税務署のいう、社会通念上・・・ が気になります

皆さまどう処理されていますでしょうか・・・

今回が初めての確定申告になります。

税金系のアドバイスは税法上難しい可能性がありますので、

私はこうしている などと書いていただけると幸いです。

コメントをお待ちしております。m(__)m

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク